そもそも、流行って誰から始まる?

この季節はファッションの秋!

どーですか?
お洋服やヘアファッションなどなど、楽しんでますか?

ん〜っ…
ところで、そもそも「ファッションの流行ってどっから来るの?」…と不思議に思った事ってありませんか?

『今年は流行りは…』『トレンドはこれだ!』などなど、
そもそも、このファッションにおける、この『流行』ってなんで発生するのでしょうか?

わたくし藤田はハッキリ言います。これは皆、仕組まれているのです!!!
( ゚д゚)

そもそも、ファッションって産業は大きな経済効果を発揮します。
なので、経済活性化のために『闇の組織』(笑)が策略しているのです!
しかし、これが事実です。

あえて、『流行』ってものを作り、その副産物で古いものは『ダサい』と認識させ、購買意欲を煽る!
解りやく言うとこんな感じです。(本当ですよ!)

このように解説すると、なんか、『ナナメ的』?な見方ですが、
『ねー、ねーっ、…今年はこれが流行なんだって…』
ってな会話も楽しいので、ん〜っ…僕は良いと思います。

そして、その『流行誕生の仕組み』をザックリ解説すると、
まずは、『カラー』ありき!
この、『流行色』を決めるところから始まります。

これは、裏の組織(笑)『国際流行色委員会』という国際的組織が秘密の会議?
を開いて決めています。

その決まった『色』を元に

今度は、トレンドを発信する会社などが、
“○○年春夏/秋冬のトレンドはこんな感じ”というものを発表します。

それらの情報を取り込み、各生地メーカーが、
“○○年春夏/秋冬のトレンド(色、柄、素材)生地はこんな感じ!
を発表します。

「国際流行色委員会」ー『トレンドを発信する会社』ー「各生地メーカー」その後に「各ブランドデザイナーによりるデザイン」…との流れで誕生します。

そして、ファッションショーという場で発表されます。これが、実際に店頭で売られる約半年前に行われる、パリコレやミラコレと呼ばれるものです。

その後、発表されたコレクションの服は、展示会などのセールス期間を経て、実際の商品として生産→輸送され、約半年後から店頭に並び始めます。
そして、マスコミによる一般大衆に向かってのメディア発信!って感じですね。

ざっくりですが、トレンドが生まれてから消費されるまでの流れはそんな感じです。

まとめると『流行とは』…全ては仕組まれている!
これが真実なのです。(笑)

そして、ついでですが、全ては『服』ありきで、それに似合わせるための『ヘアーデザイン』そして『メイクアップ』…となります。

服を買いに行って気に入った服を試着してみて、「あれ〜…なんか違うな〜」と思う時ってないですか?
一概には言えませんが、その時の違和感の原因は『髪型やメイク』が似合っていない為、バランスが悪くなってる場合が多々あります。

しかし、試着した本人はそのような原因に気づかず、『違和感が湧いた』…ただそれだけで、「やーめた。」…ってなパターンが多いようです。
せっかくの、ブティック訪問が台無しですね。

全ては、『トータルバランス』。
ん〜っ、やはり髪型も、普段からスタンバイok!的にしておきましょうね。(笑)

そもそも、流行って誰から始まる?」への2件のフィードバック

  1. 長文読んだよ!“闇組織”怖い怖い(x_x) でも、そんな組織に踊らされている自分に皆安心するのでしょうか!?

    皆さんもっと自分の良さを知って、個性豊かにオシャレを楽しみましょ(´V`)♪

    因みに、みのじいさんのオシャレ選びのポイントは何ですか?

    1. 『お洒落じじい』と呼んでください。(笑)
      ワシのお洒落選びのポイントはな〜…
      ( 受けくち 口調で言ってます。)

      ん〜と〜っ…シンプルじゃ!

      『シンプル イズ ベスト』じゃ〜(笑)

      ありがとうございます。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。